2019年2月20日水曜日

MuseScoreでOpus Metronome Stdを使う


 Opus Metronome StdはSibelius Firstに付属してくるフォントです。Sibelius FirstはSibeliusのフリー版で、Finale NotePadと異なりWindowsとMac両方に対応しています。既にRentaroを使うことでこうした表記が可能である記事を書きましたが、Finale NotePadはMac非対応のため、MacユーザーはRentaroフォントを導入出来ないという問題がありました(NotePadが起動出来なくてもフォントは使えるかもしれませんが、MacのPCにWindows版を無理に入れた時に何が起こるかは知りません)。Sibelius FirstはMacに対応しているので、付属するフォントを使うことでMacユーザーであってもこのようなテンポ表記が可能です。

 Sibelius Firstはこちらより入手できます。
 有料ソフトのフリー版は機能が制限されているので、仮にもフルスペックの浄書ソフトであるMuseScoreに比べると、物足りないと思います。しかし同時に有料ソフトの機能の一部が体験出来るので、あれこれ触ってみると良いでしょう。

 Sibelius Firstをインストールしたら、付属のフォントはもう既に使える状態になっているはずです。MuseScoreを開いて、Opus系列のフォントが入っているか確認しましょう。一部のフォント名が右図のように文字化けしているように見えるかもしれませんが、これは正常です。Opus Metronome Stdは図の青く選択されているところのフォントがそれです。

 Sibeliusで使うのに最適化されているので、MuseScoreでそのフォントを使って記号を書くのは、かなり癖を感じると思います。テキストの編集時に、左下の“α”マークをクリックしてUnicode記号のタブを開き、Basic Latinのところを開くと、使いたい記号を入力することができるでしょう。
 冒頭のテンポ記号は左図のように“q=132 qa z=[qp ]e”と入力されています。


 MuseScoreのテキストでの入力が慣れない場合は、Sibelius Firstを起動してSibelius Firstでテンポ記号を書いてから、それをコピーして貼り付けると楽でしょう。
 Sibelius Firstを開いたら、上の方のテキストタブを開き、スタイルの所の上線付き▼をクリックします。すると右図のようにテキストのスタイルが選べるので、その中から「メトリックモジュレーション」をクリックしましょう。その後譜面上のテキストを入れたい所をクリックすると、テキスト入力モードになります。






 テキストが入力できる状態で、右クリックすると、左図のようにいくつか入力例が出るので、書きたいものを選んでクリックすると、記号を入力することが出来ます。


Sibelius Firstで書けたものをコピーして、MuseScoreに貼り付け、フォントをOpus Metronome Stdに指定すれば、同じ記号をMuseScoreで書くことができます。




 同等のフォントを単体でインストールすれば、実はSibelius Firstを入れなくても同じ表記をMuseScoreで書くことができます。
 “Norfolk”というフォントがSibelius用のフォントとして提供されています。これはBravuraという記譜フォントをSibelius向けに最適化させたフォントです。
 Norfolkはこちらより0円から(任意の金額まで)販売されています。

 Norfolkに付属するNorfolk Metronome Stdの使い方はOpus Metronome Stdと同じです。


関連記事


2019年2月18日月曜日

MuseScore3で上下高音部記号で開始する譜面の最初の音部記号を高音部+低音部記号の大譜表にする方法

 MuseScore3で、大譜表の楽譜で最初から上下が高音部記号で開始する譜面を作ろうとすると、強制的に上下が高音部記号になってしまいます。右図の右下のように、高音部+低音部記号で書き始め、拍子記号と1拍目の間に高音部記号を入れることがMuseScore3では出来なくなっています。


青島広志(2009)『究極の楽典 ―最高の知識を得るために』全音楽譜出版社,p.23
 本来の大譜表は、上下高音部記号で始めるのは間違いで、原則高音部記号と低音部記号で書き始めなければいけません。
 しかし現在では、出版譜でも上下高音部記号で書き始めるということも多く、既にその方式が広く受け入れられています。従って今日ではどちらの方式で書いても構わないでしょう。

 MuseScore3で本来の方式の大譜表を書く場合、以下の方法で無理矢理実現させることが可能です。MuseScore3では1拍目に変更の音部記号を入れることが不可能ですが、1拍目で無ければ変更の音部記号は入れられます。つまり、MuseScoreの1拍目をダミーの拍とし、楽譜上の1拍目を2拍目から書いてしまえば、本来の大譜表を書くことが可能になります。
 まず最初の小節の「小節プロパティ」を開きます。小節上を右クリックして「小節のプロパティ」を開くことが出来ます。小節プロパティの「小節の長さ」の実際の値を、八分音符1つ分多い値にします。4/4拍子なら9/8拍子にすると良いでしょう。

 実際の長さを9/8にしたので、1拍目を八分休符にし、2~9拍目を4/4として使います。2拍目に高音部記号を入れると、最初の音部記号を書き換えないで上下を高音部記号とすることが出来ます。

 ここまでやったら先に楽譜の入力を済ませておいてください。

 1拍目の八分休符は存在しないものとして扱いたいので、インスペクタで非表示にしましょう。またこのままだと最初の音部記号と挿入した音部記号との間が空きすぎるので、八分休符の前の間隔をインスペクタで狭めましょう。

 ここで、間隔が十分に狭められない場合は、ダミーの拍をより小さな音価に変えてみてください。つまり4/4の楽譜を9/8にしたとき不十分であれば、17/16や33/32にしてみてください。


 このようにしてMuseScore3で本来の大譜表の保って書くことが出来ます。


 さてここまではMuseScore3で本来の大譜表を書く方法を書きましたが、MuseScore2ではどうでしょうか。実はMuseScore2の場合は、1拍目に音部記号をそのまま挿入することが可能です。

 え?MuseScore2の方が簡単じゃないかって?

 そうなんです。MuseScore2は上下高音部記号にするのも、上下高音部+低音部記号にして1拍目に高音部記号を入れる本来の記譜も、非常に簡単にできます。この部分において、MuseScore3はMuseScore2より退化してしまいました。残念!

2019年2月10日日曜日

MuseScore3のリピート線の位置について

 MuseScore3ではリピート線が配置される位置が右図のようにMuseScore2より大きく変わっています。MuseScore3で、MuseScore2のようなリピート線の配置をすることは出来ません。

 果たしてMuseScore3のリピート線の仕様変更は妥当でしょうか。

 どうやらMuseScore3でリピート線の仕様は、Elaine Gould著『Behind Bars』のp.234に書かれているスタイルに拠っているようです(https://musescore.org/en/node/280802#comment-881805)

 MuseScore3の仕様は正しいようですが、果たしてMuseScore2の仕様は間違っていたのでしょうか。私は実のところMuseScore3でのリピート線はかなり違和感を覚えますし、MuseScore2の仕様の方が普通だと思っています。

 そこである楽譜を各出版社別に比較して、どのようにリピート線が置かれているかを、実例を見ることにしました。IMSLPのベートーヴェンのピアノソナタ32番、Op.111のページにある、各出版社と手持ちの楽譜より譜例を抜粋しました。

1. Edward Schuberth & Co.社、1891年版、p.144より(J.G. Cotta社のリプリント)
2. Dover Publications社、1975年版、p.605(Universal Edition社1918年版のリプリント)
3. Edizione Ricordi社、1920年版、p.205より
4. C.F. Peters社、1920年版、p.607より
5. G. Henle Verlag社、1967年版、p.319より
6. 音楽之友社ウィーン原典版、2002年版、p.186より

 この中ではMuseScore3と同じリピート線のスタイルであるのは3番目のEdizione Ricordi社の楽譜だけでした。これらの譜例だけを見ると、MuseScore2のスタイルの方が一般的だと推察されます。もちろんMuseScore3のスタイルも実際の出版された楽譜に存在するとも言えますが、同時にMuseScore2のスタイルが間違っているとは言えないでしょう。むしろ多数派はMuseScore2のスタイルです。

 どちらが正しいかは大事ではありません。MuseScore3は現実に数多く使われてきたスタイルから決別し、むしろ少数派であろうスタイルに敢えて変更してしまったのです。これは全く良い変更ではありません。

 もしMuseScore3が、MuseScore2の従来のスタイルに加えて、新たなスタイルとしてElaine Gould氏の主張するスタイルを、リピート線に追加したのであったならば、両方のスタイルをユーザーが選ぶことが出来る仕様であったならば、それは素晴らしいものになったのでしょう。しかし現実は従来のリピート線のスタイルをMuseScore3は消してしまったのです。

2019年2月4日月曜日

MuseScoreでRentaroフォントを使う

 RentaroフォントはFinaleに付属してくる記譜に使えるフォントです。右図の赤枠の中の記号がRentaroフォントの文字です。このフォントがあれば、こうした表記を簡単に書くことができます。Rentaroフォントは実は現在無料で手に入れることができます。

 Finaleのフリー版であるFinale NotePadをインストールすると、いくつかの記譜フォントが付いてきます。

 Finale NotePadはこちらより入手できます(Macは非対応)。
 Finale NotePadはフルスペックのFinaleに比べると機能が大幅に制限されていて、MuseScoreと比べても楽譜作成用途での実用性は乏しいです。ただ、これをインストールすることで付いてくるFinaleのフォント群は、持っていて損することは無いので、是非入れておくことをオススメします。

 さてFinale NotePadをインストールしたら、もう既にRentaroフォントもパソコンにインストールされています。MuseScoreを開いてテキストフォントの中にRentaroやMaestroが入っているか確かめましょう。

 Rentaroフォントのキー設定は、Finaleのオンライン版ユーザー・マニュアルに記載されています。NotePad 2012のユーザーマニュアル→「機能マニュアル」→「フォントキャラクターセット」→「Rentaroフォント」を開くと、キーと文字の対応が記載されているので、それを見てRentaroフォントを打つと良いでしょう。

 リハーサルマークやテンポをRentaroフォントをメインで使う場合はテキストスタイルの設定でフォントを設定すると便利です。
 テンポの場合、フォントサイズは元の設定の2倍程度、20pt~24ptぐらいにし、ボールド(太字)体にしないようにすると良いでしょう。

 パレットからドラッグして入れたテンポは、文字の音符のフォントがRentaroのものでは無いので、Rentaro由来の音符に打ち直しましょう。またパレットのテンポ記号は“=”の左右に半角スペースがありますが、Rentaroの場合はそれは要らないので、半角スペースは消した方がいいです。

 リハーサルマークの場合も、テンポと同様に、元の設定の2倍程度のフォントサイズにし、ボールド体にしないようにしましょう。また、Rentaroは文字そのものに□が付いているので、「フレーム」のチェックボックスは外しましょう。



 こういった表記をMuseScoreで書くのは、Rentaroフォントを入れるのが一番楽な方法だと思います。フリーで入れられるフォントなので、Finale NotePadを入れてみてはいかがでしょうか。


関連記事
MuseScoreでOpus Metronome Stdを使う
Macの使っている人でも同様な表記を書きたい人は是非こちらも参照してください。

2019年1月31日木曜日

浄書雑感 春秋社『クララ・シューマン全集1』

 今回は春秋社の『クララ・シューマン全集1』の浄書について感想を書きたいと思います。この楽譜は2014年に春秋社から出版されました。2014年の出版ということもあって、春秋社のピアノ全集の中では珍しくコンピュータ浄書で作られています(浄書業者はクラフトーン)。

 この楽譜は五線幅が約6.2mmで浄書されています。一般的に菊倍版のピアノ譜は、五線幅7mmで浄書されます。前回の浄書雑感で紹介した楽譜は音符の間隔が極限まで詰められ、同じレイアウトでは7mmで浄書するのが不可能な程でしたが、今回の楽譜はおそらく同様のレイアウトでも7mmでも浄書できる程の余裕があります。コンピュータ浄書は線の均質さから多少小さくても視認性を損なわないかもしれませんが、やはり可能であれば大きい楽譜の方が視認性が高いです。

 さてこの楽譜は、音部記号と調号がMaestro、その他が(たぶん)Chaconneという別々記譜フォントが使われています。左図のようにシャープの形状が異なるので、異なった記譜フォントを使っていることがわかります。
 一つの楽譜の中で、異なる記譜フォントを組み合わせて使うのは、あまり勧められることではありません。一種類の記譜フォントだけで浄書する方が、記号の統一感を乱す心配がなく無難です。記譜フォントに限らず、フォント全般は一般と異なる場合はセンスを問われますね。この楽譜では私は記譜フォントの違いはあまり気になりませんが、同時にあえて一部の記譜フォントを変えているメリットもあまり感じません。


 ぱっとページ全体を見たときに綺麗に見えるのは、さすがプロの仕事だと思います。譜割りがしっかりしているからでしょう。しかし細かく見ていくと、スペーシングの品質はあまり良いとは思いません。
 所々、スペーシングが音価に比例したような等幅のものになっている箇所があります。等幅の方が綺麗に見える場合もあるので、敢えてスペーシングを等幅にしているかもしれません。

 一般的に音符のスペーシングは音価と比例の関係にはなっていません。左図の下のようなスペーシングは、二分音符や四分音符が実際よりも長く感じられると思いますし、音価と比例したスペーシングは空間を占有するので非効率です。


 同じ譜例で、通常のスペーシングと等幅スペーシングとで比べてみました。
 どちらも楽譜として支障はないですが、ト音記号の譜表の視認性は通常のスペーシングが優れていると思います。ただしヘ音記号も含めた大譜表としての視認性は、もしかしたら等幅スペーシングの方が良いのかもしれませんね。ただ私の場合、等幅のスペーシングで見やすくするよりも、大きい五線幅を採用することを優先します。今回の楽譜は五線幅が約6.2mmなので、等幅スペーシングをする余裕があるなら7mmの五線幅で浄書すべきだと思います。

 しかし今回の楽譜では、十分なスペースがあるにも関わらず両方の方式のスペーシングが混在しています。
 上図の22,25小節は、同じようなリズムと音型かつ、小節の幅もほぼ同じでありながら、スペーシングの方式が異なることがわかります。22小節は八分音符の幅を均一にしたスペーシングに対し、25小節は16分音符の拍の八分音符が広がった通常のスペーシングです。21~23小節を「敢えて」等幅のスペーシングにするのであれば、24~26小節も等幅にすべきだし、スペース的には可能であるはずです。スペーシングの方針が統一されていないことは果たして意図的であるかは甚だ疑問です。

 次の譜例を見てください。
 上の譜例は小節毎にスペーシングが異なっている例です。赤線はその拍の中で八分音符が最小音価の拍である箇所に付いています。通常のスペーシングであれば、赤線のスペースは同じであるはずです。しかしこの譜例では段内でスペーシングを統一するのを諦め、第30小節では小節内の八分音符だけを同じ幅とし、その結果31,32小節の八分音符幅とは大きく異なっています。
 もしかしたら小節毎にスペーシングを変える方式もあり得るのでしょう。ただし私なら次のように浄書します。
 このように小節毎に八分音符の間隔を変えなくても浄書が成り立ちます。小節毎に音符のスペーシングを変化させるのは、そうせざるを得ない時の最終手段だと考えた方が良いと思います。

 最後にこの譜例を見てください。八分音符の幅にバラツキがあるのがわかると思います。臨時記号がある所で幅が広がるのは当たり前ですが、何も付いていない八分音符のスペースを見ても、段の中でも小節内でも揃っていないところが多いのです。第47小節と第50小節を見比べればスペースが違うことがわかりやすいと思います。


 今回の楽譜は、譜割こそしっかりしているものの、音符のスペーシングはあまり統制の取れたものではありませんでした。こうした問題が発生するのは、浄書ソフトの性能が足りていないからだと私は思ってしまいます。しかし残念なことにこの楽譜に使われているfinaleは、浄書業界の標準というべきソフトです。この楽譜の当時のfinaleのver.と今とではソフトの改善もあるのかもしれません。実際スペーシングの優れた楽譜もfinaleで書かれたものにあります。しかし大変な思いをしなければ整ったスペーシングが実現できないのであれば、finaleがどうして使われているのか、とても疑問に思ってしまいます。

2019年1月27日日曜日

MuseScore3の互換性について

 MuseScore3はMuseScore2で作った.msczファイルを開くことができます。MuseScore3ではレイアウト関連の仕様に大きな変更があるので、レイアウトが崩れますがMuseScore3で編集することが出来ます。MuseScore2で折角浄書したファイルをMuseScore3で開くメリットはあまり無いので、MuseScore2で編集したファイルはそのままMuseScore2を使うことをオススメします。

 MuseScore2で作った.msczファイルをMuseScore3で開く時に、「全ての位置をリセットしますか?」と出ます。これは程度の差はあっても「はい」でも「いいえ」でも既存のレイアウトは崩れます。「いいえ」でも、どうせ整え直す必要があるので、MuseScore3で整え直すのであれば「はい」の方が良いでしょう。

 しかし、MuseScore2ではMuseScore3で編集したファイルは開くことができません。後方互換性はありますが前方互換性は無いのです。MuseScore3でMuseScore2のファイルを編集する場合は、絶対にファイル名を変えて保存するようにしましょう。元のファイルを上書きしてしまうと、MuseScore2で開くことが出来なくなります。

 絶対にMuseScore3で開いたMuseScore2のファイルを、元のファイルを上書きして保存しないようにしましょう。

 MuseScore3で編集した楽譜データをMuseScore2で開きたい場合、.mxlに出力してMuseScore2で開くことで、MuseScore2でも編集することが一応可能です。但し.mxl形式はMuseScoreのレイアウトを完璧に記録している訳ではないので、MuseScore2でレイアウトを整え直す必要があります。今後も楽譜データをMuseScore2で編集するのであれば、MuseScore2で編集した.mxlファイルは.mscz形式で保存しましょう。

2019年1月17日木曜日

MuseScore2で、MuseScore3で追加された記号を使う方法。

 MuseScore3には「<>」の弱アクセント(三善アクセント)など、新しく追加された記号があります。MuseScore2ではそれらの記号が無いため、通常使うことができません。しかし、ある方法を用いれば、MuseScore2でもそれらの記号を楽譜上に入れることが可能です。

 楽譜の記号は文字のフォントと同じ、フォントファイルに入っています。従って、文字として記号を入力することが出来ます。MuseScore3の新しい記号は、多くは「Bravura」という記譜フォントに入っています。

 「<>」の弱アクセントをMuseScore2で書きたい場合、まずMuseScore3を開き、譜表テキストで「特殊文字の挿入」から「音楽記号」の「Articulation supplement」のところにある「<>」の記号を選び、入力します。それをコピーします。



 そしてMuseScore2を開きます。記号を入れたい音符を選択し、譜表テキストを入力して、コピーしたものを貼り付けます。恐らくこの時点で文字化けしていますが、フォントを「Bravura」に指定すれば、「<>」になるはずです。フォントサイズは20ptにすると良いでしょう。最後に記号の位置を調節すると完成です。


 このようにしてMuseScore3で追加された記号を、MuseScore2で書くことが出来ます。

MuseScoreでOpus Metronome Stdを使う

 Opus Metronome StdはSibelius Firstに付属してくるフォントです。Sibelius FirstはSibeliusのフリー版で、Finale NotePadと異なりWindowsとMac両方に対応しています。 既にRentaroを使うことでこうした表...