2019年8月15日木曜日

非表示の休符を挿入するスペーシングテクニック


※MuseScore2向け記事です。MuseScore3ではこの方法は推奨できません。


 MuseScoreの音符スペーシングに介入する時に、非表示の休符を使わない声部に入れる方法があります。一見これは手軽で効果の高い方法に思えますが、効果が高いだけに既存のスペーシングを崩す方法でもあります。


 右図のように、使っていない声部(例えば声部2)に非表示の休符を入れることで、音符の間隔を変えることが出来ます。

スペーシングの基本
 音符間隔を弄る前に念頭において欲しいのですが、楽譜浄書では音価と実際の楽譜上のスペースは比例しません。すなわち、ある音符に対して2倍の長さの音符は、2倍の間隔を取るわけではなく、それより短い間隔を取るのが一般的です。
 上図のように、音符の長さと比例したスペーシングは、小節幅が広くなってしまい、1段に入る小節数に限界があります。上図の「通常のスペーシング」は、2倍の長さの音符に対し1.5倍程度の間隔を取っています。2倍の長さの音符は2倍のスペースを取らなくても、少し間隔が広いだけでも、2倍の長さの音符だと認識させるのに十分です。

 さて、非表示の休符を入れる方法は、浄書ソフトの考える通常のスペーシングに干渉して、通常ではないスペーシングにする方法です。使い方を間違えると却って変なスペーシングになってしまうので、達成すべき音符間隔が分からなければ、この方法は用いるべきではありません。

間隔を狭める方法、広げる方法
 非表示の休符挿入テクニックは、特定の音符間隔を狭めることと広げることの両方が可能です。

間隔を広げる例
 例えば上図の①は、3拍目の二分音符の間隔が短すぎるように見えます。非表示の休符を入れれば簡単に間隔を広げることができますが、①は①で正しいスペーシングであることを留意してください。②のように休符を入れると、二分音符の間隔を確保することが出来ます。ただし入れる休符の種類には注意してください。この譜例で16分休符を入れると、二分音符の間隔は全て揃いますが、それは「音符の長さに比例したスペーシング」になってしまい、適切なスペーシングではありません。適切な休符を挿入するためには、②のように休符を入れる時は、音符間隔が実質③と同じになることを認識しておくべきです。

間隔を狭める例
 この方法は間隔を狭めたい時にも用いることができます。右図のように、全体に1/2音価の休符を挿入し、間隔を狭めたい箇所のみ等倍の休符を入れることで、相対的にその箇所の間隔を狭めることができます。



 左のような連符を整える時にも、同様にこの方法が使えます。(この場合にローカルレイアウトを使うのは不適切です。詳しくはこちらの記事を見てください。)

 まず休符を入れる前に、デフォルトでの音符間隔がどういう処理になっているかを理解します。デフォルトでは、三連符の間に八分音符が入る箇所が、図のように6連符のようなスペースになっています。そのために、三連符の間隔が一部広がっているように見えるのです。今回は、6連符2つ分の間隔になってしまっている箇所を、3連符本来の間隔に戻すことを目指します。したがって、図の右のようなスペーシングになるべきです。
 MuseScoreでは等分の音価の休符を全体に挿入する限りは、スペーシング比率は変わりません。また今回の譜例では、三連符の間に八分音符が入る箇所が6連符のようなスペースになっているので、元の音価の1/2の休符を入れることで、目標のスペーシングを達成することができます。

 さて、本来の音価より細かい音価の休符を入れると、小節幅が広がります。そこで、挿入した非表示の休符を全て選択し、インスペクタの割振りの「後の間隔」をマイナスにしていくと、もともとの小節幅まで戻すことが可能です。

2019年7月26日金曜日

配布スタイルの使い方

前回記事「MuseScore3用汎用スタイルの配布」はこちら

配布スタイルの適用の仕方
 ドキュメントの中にある"MuseScore3"フォルダの中の「スタイル」フォルダに、.mssファイルを入れます。

Windowsの場合は以下のアドレスの場所に入れます。
C:\Users\(アカウント名)\Documents\MuseScore3\スタイル

 スタイルを適用したい楽譜をMuseScore3で開いて、メニューから「フォーマット(F)」→「スタイルの読み込み…」で.mssファイルを読み込みます。

 また、新しく楽譜を作成するときに、常にスタイルを適用することができます。メニューの「編集(E)」→「環境設定…(P)」→「スコア」の中の「既定のファイル」のところで、スタイルを指定することが出来ます。ここで配布したスタイルを指定すると、新規に楽譜を作成する時に自動でそのスタイルが読み込みます。

配布スタイルを調整する
 今回配布したスタイルはテキストフォントを設定していないので、例えば日本語歌詞を入力する場合は、各自でフォントを指定する必要があります。

テキストフォントを変える
 テキストフォントを設定するには、メニューの「フォーマット(F)」→「スタイル…」を開きます。そして各項目の一番下にある「テキストスタイル」を選択します。そこで各項目のテキストスタイルの設定を調節することが出来ます。例えば歌詞のフォントを変えたい場合は、「歌詞の奇数行」を選択し、「テキストスタイルの編集」の領域にある「フォント」を任意のフォントに変えることでフォントを変えることが可能です。

スタイルの設定を弄る
 スタイルの設定はメニューの「フォーマット(F)」→「スタイル…」を開くと、各項目の設定ができます。詳しくは公式のハンドブックを参照してください。MuseScore3のハンドブックは翻訳が進んでいないので、MuseScore2のハンドブックの参照もオススメします。MuseScore3では、一部の設定には自動配置が干渉しているため、設定値を変えても何の効果も無いものがあります。

記譜フォントを変える
 「スタイルの設定」の「スコア」で「音楽記号フォント」と音楽記号の「テキストフォント」を変えることができます。音楽記号フォントを変える時は、必ず「自動でフォントに基づいたスタイルの設定を読み込む」チェックボックスを毎回忘れずに外してください。このチェックボックスがオンになっていると、複数の設定が勝手に不適切な設定値に書き換えられてしまいます。悪魔の所業です。

弄ったスタイルを保存する
 スタイルの設定を自分好みに弄ったら、スタイルを保存しましょう。メニューの「フォーマット(F)」→「スタイルの保存…」で設定したスタイルを保存することができます。私からのお願いですが、改変したスタイルは、元ファイルとは別名で保存してください。

MuseScore3用汎用スタイルの配布

 今回はMuseScore3ユーザー向けに、スタイルの設定を調節したので、設定スタイルを配布したいと思います。

MuseScore3のデフォルトスタイルの問題点
 というのも、MuseScore3はスタイルの設定がデフォルト時には色々と不適切な部分があります。特に、記譜フォントをBravuraやGonvilleに変える時に、自動で不適切極まりない設定に変更する「自動でフォントに基づいたスタイル設定を読み込む」機能が実装されていて、見るに堪えない楽譜が容易に作りやすくなってしまっています。

「自動でフォントに基づいたスタイル設定を読み込む」の問題点
 「フォーマット(F)」→「スタイル…」→「スコア」のところにある、このチェックボックスがオンのまま記譜フォントを変えると、スタイルの設定の諸々の値が勝手に変わってしまいます。しかもその設定値は全く適切ではありません。
 例えば連桁の間隔に注目すると、記譜フォントを変えずにEmmentalerをデフォルトのまま使用する場合は、デフォルトの設定は正しいのですが、「自動でフォントを基づいたスタイル設定を読み込む」状態でBravuraやGonvilleに変えてしまうと、連桁の間隔が狭くなってしまいます。この間隔の出版譜は殆ど見たことがありません。「自動でフォントに基づいたスタイル設定を読み込む」チェックボックスは、毎回「スタイルの設定」を開く度オンになっていますが、記譜フォントを変える時は必ず毎回絶対に忘れずにチェックボックスを外してから記譜フォントを変えてください。

配布するスタイルの特徴
・記譜フォントBravuraに最適化し、主に線の太さや記号間の間隔を微調整しています。Gonvilleの使用は想定していません。
・テキストフォントは一切変更していないので、お好みのフォントに変えて使ってください。特に日本語歌詞などを書く場合は、そのままの状態ではゴシック体で書かれてしまうので、使用用途に応じてフォントを明朝体に変える等してください。
・ドラムの記譜設定は、スタイルの設定とは別項目で、今回の配布ファイルでは何の変更はありません。ドラムには統一した記譜法が無く、また私がドラムには疎い部分があるので、今回はドラムの設定ファイルは配布を見送ります。MuseScoreのドラム記法は、デフォルトでは一般的ではないので、カスタマイズして使用することをお勧めします。

デフォルトと配布スタイルの違い
・付点
 デフォルトでは付点と付点の間隔が近すぎているので、付点の間隔を広げ、なおかつ付点を少し太くしました。
・小節番号
 デフォルトでは小節番号は楽譜の左端に右揃えですが、位置を楽譜の左端に左揃えにした上で更にやや右寄りに配置しました。また斜字体にしました。
・切断された連桁の長さ
 デフォルトでは符頭の幅よりも若干長いのですが、符頭の幅を超えない方がバランスが良いと思うので、切断された連桁を短く設定しました。
・最小のタイの長さ
 MuseScore3はタイの最小の長さが設定されていて、タイの最小長さを下回らないように自動で音符間隔が広げられます。タイの最小の長さはもう少し短くても支障が無いと思われるので、やや短くしました。
・連符の括弧の位置
 連符の括弧の位置を符頭の外側にぴったり揃うように設定しました。
・連符の括弧の高さ
 MuseScore3では連符の括弧の高さが変えられるようになりました。デフォルトでは括弧が邪魔になりやすいので、高さを低く設定しました。
・連符の数字の位置
 MuseScoreではデフォルトでは連符の数字は、五線の中に入らないように設定されています。しかし出版譜の多くは五線の中に連符の数字が入ることを許容してます。そこで、配布スタイルでは五線の中に連符の数字が入ることを許容しています。


・フィンガリング(運指番号)
 太字に設定しました。
・リハーサルマークの枠
 角の丸みを取って枠線を細くしました。

・小譜表の小節線
 デフォルトでは小譜表の小節線は小さいサイズで書かれますが、配布スタイルでは通常の譜表のサイズと同じ大きさの小節線に揃えました。
・調号変更時の♮
 デフォルトではハ長調・イ短調に変わる時のみ調号に♮が配置される設定ですが、前の調号を打ち消す♮を基本的に配置させる設定にしました。


サンプル譜例
 デフォルトの設定と配布スタイルとを譜例で比べるとこんな感じです。下の譜例はスタイルを変えた以外には何の変更をしていません。
 別に配布スタイルを適用したからといって、楽譜が綺麗になるわけではありません。記譜上の慣例を守って楽譜を書き、なおかつ適宜調整し浄書をすることが大事です。
 私が整えると、下のようになります。

配布スタイルの注意点
・スタイル作成時のMuseScoreのバージョンは3.2.3です。MuseScore2には使えません。
・別にこれを使っても楽譜が綺麗に書けるわけではありません。
・テキストフォントは弄っていないので、各自で設定してください。
・ダウンロード時のパスワードは「joshoMS3」です。
・記譜フォントを変える時は「自動でフォントに基づいたスタイル設定を読み込む」チェックボックスを、必ず毎回絶対に忘れずに外してから記譜フォントを変えてください。
スタイルファイル(.mssファイル)の改変はご自由にどうぞ。
改変した.mssファイルは、ファイル名を変えてください。
内容が同一の.mssファイルの再配布は禁止です。

MuseScore3用汎用スタイルの配布リンク
https://ux.getuploader.com/sgeyosP1engraving/download/2

 長すぎたので具体的な配布スタイルの使用方法は次回記事に分けます。

次回記事
MuseScore3用汎用スタイルの使い方

2019年7月18日木曜日

浄書ソフトでのスラーの形

 楽譜浄書ソフトでのスラーは、殆どの浄書ソフトでは3次ベジェ曲線で表現されます。浄書ソフト以前のハンコ浄書や彫版浄書では、スラーは職人の手書きで書かれていました。ペジェ曲線のスラーでは従来の方式のスラーとは形状が大きく異なっていて、コンピュータ浄書の特有の要素です。今回は、浄書ソフトでの3次ベジェ曲線のスラーで、綺麗に描くために注意すべき点を記したいと思います。

必要なのはスラーの始まりと終わりだけである
 楽譜上においてスラーは始点と終点の位置を明示することが最も重要であり、スラーの中間部分はあまり意味を持っていません。楽譜上ではスラーの中間部分は優先度の低い邪魔な部位だと言えます。

スラーの始点と終点は音符の近い位置に
 スラーの始点と終点は音符に近い位置に維持するのが望ましいです。コンピュータ浄書の3次ベジェ曲線によるスラーの場合、スラーの形状に一定の制限があるので、実はこれが難しいのですが……

コンパクトにまとめる
 全ての記号は五線から離れすぎてはいけません。演奏者が見るべき楽譜の範囲は、出来るだけコンパクトであることが望ましいです。スラーも全体が不必要に膨らみすぎているようなものは好ましくありません(個人差はあります)

スラーの真ん中が一番太い
 スラーは先端が細く中央が太い形状になっています。浄書ソフトで書かれるスラーは、形状によってはスラーの最も太い部分が左右に偏ってしまうことがあります。基本的には太い部分が左右に寄っているスラーは美しくありません。MuseScoreのスラーでは、スラーの弧の中央部付近の制御点(右図の赤丸で囲った制御点)が、スラーの中央にあるようにすれば、基本的には綺麗にスラーが書けます。
 さて、伝統的な手作業によるハンコ浄書や彫版浄書のスラー、SCORE(英語wikipedia)のスラーやDoricoの平坦スラー等は、ベジェ曲線では無いので、スラーの膨らむ部分が中央に無くても実は美しく書けます。これらのスラーは3次ベジェ曲線よりも、崩れた形状のスラーが綺麗に見えやすいですが、左右対称の形から可能な限り大きく崩さないのが大事であることは、3次ベジェ曲線でも手書きや平坦スラーでも同じです。

扁平になりすぎない
 コンピュータ浄書の3次ベジェ曲線スラーは、扁平にし過ぎるとあまり綺麗ではありません。ある程度の膨らみは、3次ベジェ曲線のスラーには必要になってきます。

 浄書ソフトでスラーを書く時には、3次ベジェ曲線であることで、どうしてもスラーの形状に制約があります。これらのことを全て守ってスラーを描くのは難しいので、「スラーの最も太い部分を中央に置くこと」を取り敢えず意識してください。左図のようにスラーの弧側中央の制御点が、中央部にあることを守っていれば、大抵の形のスラーはそこそこ綺麗にできるはずです。

2019年6月14日金曜日

MuseScoreでの歌詞入力の手順

 MuseScoreでの歌詞入力の操作方法は、公式ハンドブックに載っている通りですが、日本語歌詞には全く言及されていません。日本語歌詞の書き方には日本語特有のルールがあるので、ハンドブックを鵜呑みに歌詞を書いてしまうと、不適切な書き方をしてしまうことがあります。そこで今回は、MuseScoreの歌詞入力の手順や注意点を、公式ハンドブックを補いつつ、ここに記しておきます。

日本語歌詞の入力手順
 歌詞を入力するには、歌詞を入れたい音符を選択した状態で「Ctrl + L」で歌詞入力モードになります。歌詞を入れて前後の音符に移りたい時は、「Ctrl + ← or →」で移ることができます。また、単に矢印キーだけでも前後の音に移ることができます。
 次の音符に移るのに、スペースキーを使う方法もありますが、全角入力時では無効なので、日本語歌詞入力の場合は、歌詞を入力したらいちいち半角入力に切り替えないと、スペースキーでは次の音符に移りません。一方で「Ctrl + ← or →」や矢印キー単体の場合は全角入力時でも有効なので、日本語歌詞の入力の時は、こちらを用いるようにしましょう。

 日本語の歌詞は、1つの音符に対し一つの歌詞を書きます。殆どの場合は1音1文字ですが、1つの音符に2文字以上入る場合もあります。原則全ての音符に何かしらの歌詞を入れます。伸ばしている音では一般的には、漢字の後ろであっても長音「ー」を書きます。


 小さい「っ」の歌詞の位置には、右図のようにいくつかパターンがあります。「おっ」という歌詞の後ろに長音を付けてもいいですし、実際の歌い方をより反映して、「もーって」のように「っ」の前に長音を置いてもいいです。 
 小さい「っ」は休符に置かれることもあります。MuseScore2では休符に歌詞を置くことには対応しておらず、休符に歌詞を置くには譜表テキストを休符に配置して歌詞を再現する必要がありました。MuseScore3では、実は休符に歌詞を置くことができるようになりました。MuseScore3では休符を選択して「Ctrl + L」で休符上に歌詞を入れることができます。


ヨーロッパ諸言語の歌詞の入力手順
 ヨーロッパの諸言語は、単語と単語の間にスペースを置くという特徴があります。
 単語が複数の音符で分割される時には、一単語であることを示すために、単語の分割部分にハイフンを入れます。MuseScoreでは、歌詞入力時にハイフン“-”を入力すると、歌詞と歌詞の間にハイフンが置かれ、自動で次の音符の歌詞入力に移ります。
 一つの語が複数の音符に跨がって伸ばされる時は、語の後ろにアンダーバーを入れます。歌詞入力時に「Shift + _」で次の音符までアンダーバーを伸ばすことができます。
 日本語の場合はこれらのルールは用いません。文字と文字の間にハイフンを入れることはしないし、文字が複数の音符に跨がって伸ばされる時は原則、長音を用います。

歌詞に半角スペースを入れる方法
 MuseScoreでは歌詞入力時に半角入力でスペースキーを押すと、次の音符の歌詞入力に移ってしまいます。歌詞に半角スペースを入力したい時は、「Ctrl + 半角スペース」で半角スペースを入力することができます。

歌詞にハイフンを入れる方法
 ハイフンも同様に「Ctrl + ハイフン(-)」で、歌詞にハイフンを入力することができます。

歌詞フォントの設定
 MuseScoreでは歌詞を含むあらゆるテキストの設定は、「テキストスタイルの編集」で行います。MuseScore2では、画面上のメニューバーの、「スタイル(S)」の中の「テキスト…」をクリックすると、「テキストスタイルの編集」が開けます。MuseScore3では画面上のメニューバーの「フォーマット(F)」の中の「スタイル…」を開くと、下の方に「テキストスタイル」があります。
 テキストのフォント設定は「MuseScore2浄書Sgeyos流 第三課」に記載されているので、ぜひ参考にしてください。

2019年6月9日日曜日

MuseScoreの「区切りとスペーサー」

 MuseScoreでは、楽譜のレイアウトを調整する機能の一つに、「区切りとスペーサー」があります。「区切り」はページ・段の小節数を調整し、「スペーサー」は譜表・段の間隔を調整する機能です。MuseScoreのレイアウトを決定する基本的な機能なので、この際使い方をマスターしましょう。


MuseScore2編
「譜表の折り返し」
 段の末尾に置く小節を指定するのに「譜表の折り返し」を使います。パレットの「区切りとスペーサー」から、折れ線矢印の形をした「譜表の折り返し」を段の末尾にしたい小節にドラッグします。または「譜表の折り返し」を挿入したい小節を選択して、パレットにある「譜表の折り返し」をダブルクリックすることでも挿入が可能です。


 さて、ちょっとした応用になりますが、下のような譜例を1段3小節ずつにしてみましょう。
 このような譜例では、まず最初に一段に多くの小節を入れる必要があります。
 デフォルトの状態より多くの小節を入れるには、全ての音符を選択して、インスペクタで「割振り」の数値をマイナスにすることで、MuseScoreの限界まで多くの小節を1段に入れられます。

 まず適当な音符を右クリックして「選択」より「すべての類似した要素」をクリックすると、楽譜上の全ての音符を選択することが出来ます。


 全ての音符が選択された状態で、MuseScoreの画面右にあるインスペクタの「割振り」の数値を、前後共に-1.00spにします。MuseScore3の場合は、「割振り」の項目が「後の間隔」が無くなって「前の間隔」のみになっていますが、前の間隔を-1.00spにすれば大丈夫です。


 このようにすると、MuseScore2の場合は右図のように一段に尋常ではないほどに沢山の小節が入った状態になっているはずです。MuseScore3であっても、十分に多くの小節が一段に入っているはずです。

 この状態から「区切りとスペーサー」の「譜表の折り返し」を3小節ずつ挿入していきます。
 左図のように1段3小節ずつ入りました。
 さて左図の赤く囲った部分をみると、臨時記号が前の音符に重なってしまっています。「割振り」の数値をマイナスにすると、こうした必要なスペースも削ってしまうのです。このような部分の「割振り」の数値は適宜戻しておきましょう。左図では、第8小節2拍目のFisの音を選択し、「割振り」の「前の間隔」を0に、そのひとつ前の音の「後の間隔」も0にすることで、臨時記号分のスペースは確保されます。


 このようにして「譜表の折り返し」を使うことで、自由に1段に入れる小節数を決めることができます。

「ページ区切り」
 これはページの最後の小節を指定します。使い方は「譜表の折り返し」と同様に小節の上まで「ページ区切り」をドラッグするか、ページの最後にしたい小節を選択した状態で、「ページ区切りをダブルクリックすることで使うことができます。

「セクション区切り」
 例えばピアノソナタの場合に、第一楽章、第二楽章といったように楽章が変わる時に使います。私はあまり使わないので、詳しくは公式のハンドブックを見てください。

「譜表スペーサー(↑・↓)」
 譜表・段の間隔を個別に調節する時に「譜表スペーサー」を用います。パレットから「譜表スペーサー」を挿入したい小節上にドラッグすることで、スペーサーを入れることが出来ます。


 右図のように譜表の間隔が不十分な時に、譜表スペーサーを使うことで、譜表間隔を広げることが出来ます。


 スペーサーの長さは、スペーサーをダブルクリックして矢印キーやCtrl+矢印キーで操作するか、もしくはスペーサーを選択した状態で、画面右にあるインスペクタでスペーサーの「高さ」の数値を変えることで調整することが出来ます。



MuseScore3編
 MuseScore3では自動配置によって、記号と記号が接しないように譜表・段間隔が自動で広がるようになりました。一見「譜表スペーサー」を使わなくてもいいように思えますが、実際はそんなことはありません。この記事で言及しましたが、ある程度記号の接触を許容し、段・譜表間隔を広げすぎないことも浄書において大事です。

「譜表スペーサー固定」
 MuseScore3で新しく追加されたスペーサーに「譜表スペーサー固定」があります。MuseScore3の自動で間隔が広がる自動配置によって、間隔を広げることしかできない「譜表スペーサー(上・下)」の実用性はかなり薄くなりました。そこでMuseScore3では、段・譜表間隔を固定の値で指定できる「譜表スペーサー固定」が実装されました。「譜表スペーサー固定」は段・譜表間隔を広げるだけでなく、強制的に縮めることも可能です。これは「譜表スペーサー(下)」と同じように下向きのスペーサーとして使うことができます。
 右図のように挿入したい小節にドラッグすることで、スペーサーを入れることができます。「譜表スペーサー固定」を使うことで、個別の段・譜表間隔を固定できます。「譜表スペーサー固定」を配置したところの段・譜表間隔は、スペーサーの高さを変えない限り、間隔が変わることはありません。

関連記事
MuseScore2浄書Sgeyos流 第二課
MuseScore脱初心者編 その3
一段に多くの小節を入れる方法
MuseScore3の新機能
記号の衝突回避より大事なこと。

非表示の休符を挿入するスペーシングテクニック

※MuseScore2向け記事です。MuseScore3ではこの方法は推奨できません。  MuseScoreの音符スペーシングに介入する時に、非表示の休符を使わない声部に入れる方法があります。一見これは手軽で効果の高い方法に思えますが、効果が高いだけに既存のスペーシングを...